ときわぎの歩み

「熱海 本家ときわぎ」は、大正7年(1918年)、当店の初代・前澤鶴吉が結婚を機に、熱海の和菓子屋として開業いたしました。(昭和24年には株式会社常盤木を設立、法人登記をいたしました。)

当初、店舗に掲げた看板文字は、あまりにも漢字の書体が難しく、屋号が大変読みづらかったそうです。その為、初代鶴吉が、晩年、「屋号はわかりやすいことが大切と考え、看板を平仮名で「ときわぎ」と作り変えました。そのおかげで、親しみやすく、身近な熱海の町の菓子屋として愛され、現在に至ります。

大正、昭和、平成と、お客様のご愛顧おかげで、三つの時代を歩ませて頂いておりますが、特に昭和時代は、日本を代表する経済界、文学界、美術界など、多方面でご活躍のお客様にも、お引き立てを頂きました。初代鶴吉は、なかでも横山大観先生と親しくさせて頂いたそうで、しばしば二人は当店の二階に上がり、長らく話し込んでいることが多かったと、鶴吉の娘の愛子、孝子から伝え聞いております。

当店は、初代鶴吉が、娘婿(次女愛子の夫)である重夫(二代目)と、次いで孫婿(孫娘咏子の夫)章治(三代目)との間で養子縁組を行い、代々店主として、当店の看板を守り続けています。

「熱海 本家ときわぎ」では、これからも誠心誠意、心をこめて、初代鶴吉から受け継いだ伝統の味を守り続けていく所存です。どうぞ、これからも変わらぬご支援、お引き立てを賜りますよう、何卒よろしくお願いを申し上げます。

※「本家ときわぎ」と「常盤木羊羹店」の違いについて。
常盤木羊羹店は、当店二代目・重夫の義弟が創業した店舗で、お味、お値段、製造方法が、それぞれ異なっています。購入時には、お間違いございませんようお願いいたします。

熱海 本家ときわぎ(株)常盤木の歴史と家系図

昭和23年10月 熱海市主催読書会 当店にて撮影。
前列左から2人目、横山大観氏。3人目、徳富蘇峰氏。
4人目、佐佐木信綱氏。当店初代は、後列左から7人目。

左側前から、徳富蘇峰氏。真ん中、横山大観氏。奥、佐佐木信綱氏。当時、日本を代表する文化人の先生方に、お集まり頂いた、当店の貴重な資料です。

和菓子ときわぎ       静岡県熱海市銀座町 電話0557812228 ご注文はこちら facebook